開発事例 採用情報
             
TOP → サポート技術情報  
 

Vista・AutoCAD2008対応製品 新機能のご紹介

起動
[内容]: <設定>Windows Vistaに対応しました。
画面
[内容]: DXFのMC3.18用製品(対話版)のみMC画面内にて変換するタイプでしたが、これをHelix用製品(対話版)と同じ独立したウィンドウにて変換する画面形式に変更しました。
[内容]: 外部ファイルを画面側で設定できるようにしました。
対象ファイルは、dxfenv.sys(dwgenv.sys)、mklin.def、gtlin.def、mkarw.def、gtarw.defです。
MC→DXF(DWG)変換
[内容]: AutoCAD2008に対応しました。DXF(DWG)タイプはAutoCAD2007になります。
[内容]: 矢印テーブル(mkarw.def)を追加し、変換する寸法の矢印形状を選択できるようにしました。
[方法]: mkarw.defで指定します。
[内容]: 破断線の出力タイプを指定する設定を追加し、破断線を直線で変換できるようにしました。
[方法]: dxfenv.sys(dwgenv.sys)で指定します。
BRKLINCHG=0:現行どおり,1:直線
[内容]: 線種尺度の設定を追加し、変換する線種の尺度を指定できるようにしました。
[方法]: dxfenv.sys(dwgenv.sys)で指定します。
LTSCALE=線種尺度(正の実数)
[内容]: スプラインの出力タイプを指定する設定を追加し、スプラインをPOLYLINEで変換できるようにしました。
[方法]: dxfenv.sys(dwgenv.sys)で指定します。
SPLOUTTYP=0:現行どおり,1:POLYLINE
[内容]: 楕円の出力タイプを指定する設定を追加し、楕円をPOLYLINEで変換できるようにしました。
[方法]: dxfenv.sys(dwgenv.sys)で指定します。
ELPOUTTYP=0:現行どおり,1:POLYLINE
[内容]: MCのビュー名をAutoCADのレイヤー名に対応させて変換する設定を追加しました。
[方法]: dxfenv.sys(dwgenv.sys)で指定します。
VIEWNAMETOLAYERNAME=0現行どおり,1:ビュー名対応
[内容]: MCの子図名をAutoCADのブロック名に対応させて変換する設定を追加しました。
[方法]: dxfenv.sys(dwgenv.sys)で指定します。
DETAILNAMETOBLOCKNAME=0現行どおり,1:子図名対応
[内容]: 注記のアンダースコアとオーバースコアを変換できるようにしました。
DXF(DWG)→MC変換
[内容]: AutoCAD2008に対応しました。
[内容]: 矢印テーブル(gtarw.def)を追加し、変換する寸法の矢印形状を選択できるようにしました。
[方法]: gtarw.defで指定します。
[内容]: AutoCADのレイヤー名をMCのビュー名に対応させて変換する設定を追加しました。
[方法]: dxfenv.sys(dwgenv.sys)で指定します。
LAYERNAMETOVIEWNAME=0:現行どおり,1:レイヤー名対応
[内容]: AutoCADのブロック名をMCの子図名に対応させて変換する設定を追加しました。
[方法]: dxfenv.sys(dwgenv.sys)で指定します。
BLOCKNAMETODETAILNAME=0現行どおり,1:ブロック名対応
[内容]: 下記要素を分解して変換できるようにしました。
HATCH、WIPEOUT、TORELANCE(枠線)、ACAD_TABLE(塗潰し)
※HATCHのAR-SANDとDOTSは変換されません。

 
  Copyright(C) ASA SYSTEMS INC.All Rights Reserved.