ロゴ 社名

IGES-Cプロセッサー


特徴

MICRO CADAMと各種CADのデータ変換を実現
MC→IGES、IGES→MCの双方向変換が可能


機能紹介

図.IGES-Cプロセッサー


きめ細やかな設定機能により、更に変換率をアップします。

  • 各種CADシステムに対応

データ変換を行う相手先CADシステム名を選択するだけで変換条件が自動設定されますので、
どなたでも簡単にお使いいただけます。

<対応CAD>
AutoCAD,HICAD,ANVIL,ED_Draw,CADDS,
InterGraph,Caelum,NADAMS,AdvanceCAD,
ME10,CAE-2D,UNICAD,I-deas,ANVIL5000,
CAE-MINI,CATIA等

  • 3DCADからのデータも対応

I-deas,CATIA,mechanical desktop,CADDS等からのIGESデータも高変換率を可能としました。

  • 変換処理のスピードアップ

変換所要時間は、旧IGES-Cプロセッサーの約1/20程度を可能としました。

  • 機能詳細

IGES-C マニュアル PDF版ダウンロード


動作環境

  • 稼動OS

Windows XP 以上の OS

最新版 IGES-Cプロセッサー Ver 6.30B では、以下の OS をサポートしております。
・Windows 10
・Windows 8.1
・Windows 8
・Windows 7
・Windows Vista
・Windows XP
・Windows Server 2012 R2
・Windows Server 2012
・Windows Server 2008 R2
・Windows Server 2008
・Windows Server 2003 R2
・Windows Server 2003

  • 稼動MC

Windows版 MICRO CADAM バージョン 3.18 以上
最新版 IGES-Cプロセッサー Ver 6.30B では、MICRO CADAM Helix 2017 R3 (略記 2017-R3) および バージョン3 と バージョン4 の MCR1701 まで対応しております。


製品ラインナップ

図.対話版

図.バッチ版

  • 対話版
    独立した画面から簡単に変換したい!
  • MCとは別の独立した画面から操作を行います。
  • リストから複数枚選択し、まとめて変換することが可能です。
  • 変換図面は、通常のMC図面形式以外に、OSファイル名形式にも対応しております。(但し、OSファイル名形式は、V4R3M1以上で対応)
  • バッチ版
    バッチファイルでまとめて変換したい!
  • 変換データ、変換時の設定を事前に外部ファイルとして作成しておき、一括変換します。
  • 各ユーザー様のシステムへの組み込みも容易です。
  • ネットワーク版 (IGES-NET)
    複数台のMCでIGES-Cプロセッサーを使用したい!
  • 基本セット(1ユーザー,5クライアント)の場合、5台のMC環境に導入し、同時稼動数が1台となります。
  • MC環境や使用頻度により、ユーザー数、クライアント数を追加できます。 (基本セットに1ユーザー,5クライアントを追加すると、2ユーザー,10クライアントの構成となり、10台のMC環境で同時稼動数が2台となります)
  • 基本セットには、変換モジュール1種類が含まれています。
  • 対話型、バッチ型のいずれかを選択できます。 (変換操作は、シングル版と同様です)
  • ネットワーク版 (IGES-NET)は、複数のMCバージョンが混在する環境でもご使用いただけます。
    その場合MC種類に応じて、変換モジュールの追加が必要となります。
    対話版とバッチ版を同一ネットワーク上で稼動させることもできます。

>>IGES-NETについて